junropeのblog

カテゴリ: 海外

Parramatta 周辺散策
この地域は、中国系・インド系の入植者が多く見られます。
タクシードライバも、インド系の人達が多く
口々に、”Sydneyの白人は、働かん”と言ってました。

働き過ぎもどうかと

IMG_1664

IMG_1665

セントジョーンズ聖堂
IMG_1666

Parramatta Town Hall
IMG_1667

Pro Tanto Qvid Retribvem S

IMG_1662

スズキ・マイティーボーイ

IMG_1663c

何処も看護師さん引っ張りだこ
移動用求人広告は、良いアイデア

IMG_1660c

こちらの病院に知人がいるので、訪問。

IMG_0256c

子供病院なんです。

IMG_1651

IMG_1646c

大歓迎して貰いました。

IMG_1673

Surry Hillsへ行き....
IMG_1680c

フリーマーケットを楽しむ。
コアラの縫いぐるみ・ブーメラン・カンガルーの革細工等購入

オリンピック公園・ボタニー湾を楽しみ
約2週間ウロウロした、Sydney でした

以上


前回の続き その 2
ホテル近くの、フェリーターミナルから川下り
Parramatta Wharf
IMG_1538c

rivercat

ボートは、こんな感じです。

IMG_1533c

ここからシドニーへ
IMG_1535c

隣席のお嬢さんとシドニーまで 約」1時間の船旅
IMG_1548

IMG_1552

IMG_1555
Parramatta川 沿線には、トレーラーで
艇を運んで、そこから入水出来る場所が沢山。
IMG_1557

IMG_1560xx

四輪駆動車で牽引し、バックで入水。
艇が浮いたら、トレーラーを引き上げる
一昔、淀川沿いで可能でしたが、今は条例が出来て不可です。

IMG_1562

フェリーは、どんどん川を下って行きます。

IMG_1567

遙か前方にシドニー・タワーが見えて来ました

IMG_1568

高層ビルが、突然目の前に出現する景色は
シドニーならでは。
IMG_1571

ハーバーブリッジをくぐると、オペラハウスが見えて来ます。

IMG_1573
ジャジャーン
IMG_1574

シドニーと言えば?オペラハウス
IMG_1640


IMG_1576
ハーバーブリッジは、ロープで登れるそうです。
ロッククライミングも可能。
IMG_1577

IMG_1578

IMG_1579

IMG_1581

R0010547c
R0010549c

フォート・デニソン
シドニー湾?のど真ん中にあるロッキー島。

IMG_1636

レストラン・灯台・博物館等があるようです。

IMG_1637

オーストラリア 魅力的な国です。
バイクで、横断してみたいですね~


その3へ続く

 最近体調不良で,閉じ籠もりなんで
旅の思い出をアップ致します。
今回は、Sydneyへ

シドニー国際空港から、Parramatta パラマッタ へ

IMG_1526

Parramatta 駅

IMG_1527

IMG_1528

IMG_0246Hotel

拠点ホテルから

IMG_0247
歩いたり
IMG_0253
フェーリに乗ったり
IMG_0249
鉄道に乗ったり
IMG_0239
バスに乗ったり
R0010626ctake
BMWに乗ったりしてました。
R0010556c
夜のSynedyへ

Cydny Tower1

シドニー・タワーで食事
tower

R0010562c

友人が予約してくれました

R0010565c

美味なお肉と思ったら


R0010544
この子のお肉だった
R0010614c
夜のハーバーブリッジは深夜まで賑やか

IMG_1640

翌日は、フェリーで、TARONGA動物園へ
オペラハウスは、素敵です

IMG_1637

シドニーには、バス・フェリーターミナルがあるんで
とっても便利です。

IMG_1636

昨日のシドニー・タワーが右手に見えます

R0010513c

TARONGA動物園へ到着


IMG_1615c

園内からの、景色は絶景っす


R0010516c
マツカサトカゲ(松毬蜥蜴、学名:Tiliqua rugosa)
オーストラリア固有種で、生息する有鱗目トカゲ科アオジタトカゲ属のトカゲです。
身体は松毬状の堅い体鱗で覆われています。
四肢は短い。舌が青く、尻尾は太く短い。


R0010517c

コノハムシ 葉っぱに擬態してます。

IMG_1610c

”こっちをみぃーや”云うても見てくれない
ミーアキャット


IMG_1594c

園内放し飼いの孔雀

R0010535

R0010536

美女とお子ちゃまを見ると、羽を広げてくれます。

R0010528c

男前ゴリラ君 愛嬌がありますね

IMG_1587c

コアラ君は、絶対見逃せませんね
(別料金で抱っこ体験ありました。)

次回へ続く 



Travemuende  トラフェミュンデの旅
夏期
IMG_0870

バルト海に面したTravemuendeに来ました。

ここから、
デンマーク海域まで船旅出来ます。
船内は、タックスフリーで、デンマーク土産を購入できます


DSC00019

ビーチには、目を覆う景色が
映倫に引っかかるので、見せられません

IMG_0873

ウナギを試食しましたが、日本と違い燻製か、オイル漬け。
やっぱ蒲焼きが最高です。

IMG_0874

IMG_0875

IMG_0876

港を満喫後リューベックへ

IMG_0839

トラーヴェ川から旧市街地巡り
船上からの景色も、又格別でした

IMG_0793
リューベック在住の友人曰く、
昔、冬期はこの水路が凍って歩いて渡ったとか?

IMG_0799

IMG_0801

IMG_0805

IMG_0808

IMG_0813

IMG_0820

絵になるな~

IMG_0831c

綺麗な水でもないのに、泳いでましたね

IMG_0850

訪問した当時、ホテルにはクーラー完備して無かった。
必要無いとの事
さらば、リューベック
ドイツの旅は、終了です。

ハンブルク観光

市庁舎を見学

DSC00026-1

緑の水で出る、不思議な噴水?

DSC00024-1
Monckebergbrunnen 
背景のハンバーグ屋さんは、今はスターバックスか? 

DSC00037-2

内アルスター湖

DSC00040-2

DSC00039-2

アルスター湖
で、遊覧船

午後からリューベックへGO

「ホルステン門」を過ぎると旧市街

IMG_0603

リューベックのシンボル「ホルステン門(Holstentor)」
正門
IMG_0606

ホルステン門 背面から盗撮。

IMG_0607

旧市街を一周します。


IMG_0608
市庁舎(Rathaus)は、リューベック特有の黒レンガを使用
ハンザ同盟の盟主としての繁栄ぶりがうかがえる
ゴシック様式の立派な建物です。
黒レンガ:
牛の血と塩を混ぜて焼く



IMG_0611

IMG_0614

IMG_0615

IMG_0618

Burgtor 裏門
外敵から市街を守るための砦?
日本的には関所
船員の家

船員組合の家「シッファーゲゼルシャフト」
昼食・夕食はこちらで頂きます。

1船員の家c

海鮮から肉料理まで

レトロ感あるレストランですねん
DSCN0290c

天井には、古びた帆船の模型や、当時の道具が鎮座してます



DSCN0297C
トラヴェ川沿
DSCN0300c

DSC00010-2

ちょっと寄り道
こちらは、お薦め出来まシェン😜

DSC00012-2

バスのご利用は、慣れると便利です。

IMG_0612

リューベックの名物といえばマジパン
このお店は、マジパン専門店
お土産にどうぞ


このページのトップヘ